目のコンプレックスを解消するために人気の美容方法とは

ぱっちり目になるために

注射器

おすすめの手術方法

二重になりたいと悩む人は実はたくさんいます。一重や眼瞼下垂に悩む人は、パッチリくっきりとした愛らしい目に憧れるのは当然のことです。アイメイクなどでラインを作り出す方法もありますが、メイクを落とせばラインは消えて一重に戻ってしまいます。そのため、目のコンプレックス解消のためにおすすめなのは、整形手術を行うことです。整形手術の技術は昔に比べてはるかに向上しており、特に二重の整形手術を受ける人は年々増えてきていると言われています。特に近年人気なのは、切らない二重まぶた整形というものです。埋没法と呼ばれる方法で、糸を使ってまぶたを皮膚に埋没させる形でラインを作り出します。メスを使ったりなどしないため、手術の跡が残らず、より自然な仕上がりになるのが特徴です。また術後の腫れも少ないため、眼瞼下垂になってしまう心配もいりません。手術は極細の針を使用した麻酔をかけて行うので、痛みは全くありません。術後は1週間程度安静にしていれば、自然と腫れが引いて美しい仕上がりを実感出来ます。感染症のリスクなども、ダウンタイムを適切に過ごしていればほぼないと言ってもいいでしょう。さらに、費用も安く埋没法の相場は7〜10万円程度と言われています。クリニックによって費用設定は異なりますが、およそこれ位の値段が普通ですので、お金のない学生なども安心して手術が受けられます。二重にしてみたいけど手術が怖い、費用を出来るだけ安く済ませたい、整形したことをなるべくばれたくない、というような人に特におすすめの方法です。

埋没法では、糸を使って二重のラインを作り出します。そのため、術後に目を強くこすったり刺激を与えてしまうと糸が取れてしまうということもあります。しかし、クリニックではそんなトラブルのために保障を付けているところも多いです。保障つきプランに入っていれば、一定期間内に糸が取れてしまった場合、無償で手術をやり直してくれるので、手術を受ける前にしっかり確認しておくと良いでしょう。また、逆に仕上がりに納得がいかない場合は、糸を外してやり直すということも可能ということです。そのため、埋没法では整形手術に失敗してしまって後悔、ということはありません。そのため、整形初心者は、特に埋没法を試してみるのが良いでしょう。埋没法に比べて対照的な手術が切開法と呼ばれるものです。切開法は、メスを使って直接二重のラインを作り出すため、埋没法に比べ、術後の腫れが長引くという特徴があります。しかし、一度手術を行えば効果は永久に続きますし、埋没法よりさらにくっきりとしたラインを作り出せます。外国人のようなぱっちり二重に憧れる人は切開法がおすすめです。また、費用は15〜20万円程度が相場です。このように埋没法も切開法も、それぞれ違ったメリットがあります。どちらが良いか、ということではなく、どちらの方法が自分の理想の目に近づけるか、という基準で選択するようにしましょう。手術前のカウンセリングで、費用の予算や希望の目の形をしっかり伝えれば、医師が適切な方法を教えてくれます。目に関するコンプレックスは、整形手術で解決しましょう。