目のコンプレックスを解消するために人気の美容方法とは

一重の悩みを解消

診察

手術の特徴と注意点

一重の整形手術は、美容整形外科に訪れる人の中でも特に受ける人が多い手術です。日帰りで失敗もなく、費用も比較的安く、また目のコンプレックスを抱える人が多いというのがその理由になります。二重の整形手術を受けるためには、まず初めに医師による無料カウンセリングを受けなくてはなりません。カウンセリングでは、なりたい二重の幅を相談し、それに伴い手術方法についての説明を受けます。疑問点や費用の点など不安なことなども、このとき質問しておくと良いでしょう。カウンセリングにて納得がいったら、そこで手術日程を決めることも出来ます。手術自体は日帰りで終わりますが、手術内容によっては術後に目がかなり腫れることもあるので、手術翌日は休日である日が望ましいと言えます。日程が決定したら、当日はコンタクト、メイクをせずに直接来院します。病院によっては、前の日からコンタクトが禁止のところもあるので、病院にしたがって来院しましょう。手術は10〜20程度で終わることがほとんどです。無事に手術が終わったら、直後はかなり目が腫れています。そのため予想していた二重の幅よりかなり大きく見えますが、時間が経つにつれて落ち着いてくるので、あわてずに様子を見ましょう。術後は、状態にもよりますが3日〜1週間程度はコンタクトが禁止になります。当日は、メイクやシャワーもやめましょう。術後の安静期間をダウンタイムと呼び、このダウンタイムを決められたように過ごすことで、感染症を防ぎ確かな効果を得ることにつながります。医師のいうことはしっかり守って過ごしましょう。

では、具体的にどのような手術方法で二重整形を行っていくのでしょうか。二重の整形手術の方法は大きく分けて二つあり、一つが埋没法、もう一つが切開法と呼ばれる方法です。埋没法は、糸を使ってまぶたを二点、または三点留めにし、それによってラインを作りだすという方法です。メスを使わないため、術後の痛みや腫れが少ないのが特徴で、最も人気の高い手術方法になります。また糸を外せば、やり直しもきくので万が一仕上がりに納得がいかずやり直したい、となっても大丈夫です。費用も安く、相場は10万円程度になります。ナチュラルで自然な幅になるので、整形したことをなるべく周りにばれたくない、というような人にもおすすめです。切開法は、埋没法とは異なりメスを使ってラインを作ります。まぶたを切るので、まぶたの皮膚が厚く重たい人は、同時にそのコンプレックスも解消出来ます。麻酔が切れたあとは、腫れや痛みは若干長く続くこともあるので、十分な休息期間をとることが望ましい方法です。仕上がりは、埋没法に比べてよりハッキリくっきりした二重になります。また、メスを使用するため、一度手術を行えば効果は永久に続くというメリットもあります。費用は、20万円程度が相場です。このように、どちらの方法にもそれぞれ違ったメリットがあるので、自分に合った方法を選択して手術を受けることが大切です。カウンセリングにて、それぞれの特徴や費用をしっかり聞いておきましょう。二重の整形手術で目のコンプレックスを解消し、自信を取り戻しましょう。